ブランド紙袋だけでも買取は可能?買取相場と高く売れるコツを解説

2023/11/29

ブランド品の購入時に付属品としてもらえる紙袋を保管している方は少なくありません。

丈夫でおしゃれなデザインのものが多く、インテリアとして飾ったり、コレクションして楽しむ方もいます。

しかし、クローゼットなどについ溜め込んでしまい「紙袋だけでも売りたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ブランド紙袋を買い取ってもらう方法と相場、高く買い取ってもらうコツをご紹介します。

ブランドの紙袋は買い取ってもらえる?

ブランド品の購入時にもらえる紙袋は、実はリサイクルショップや買取店、フリマアプリで売ることができます。

なぜ買い取ってもらえるのか、買い取ってもらいやすいブランドについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

なぜブランドの紙袋が売れるのか

ブランドの紙袋は、正規販売店でアイテムを購入した際にもらえます。

ショッピングバッグとも呼ばれており、ほとんどのブランドが袋だけの販売はしていません。

そのため、紙袋にも価値があるといえるでしょう。

ブランドの紙袋だけ欲しいという方もいますが、その理由は大きく分けて3つあります。

憧れのハイブランドでも安価で手に入る

ハイブランドの紙袋が欲しいと思っても、袋のためだけにアイテムを購入することは予算的に難しい場合があります。

一方、紙袋だけであればフリマアプリなどで1枚300円〜500円ほどで購入できます。

欲しい理由としては、セカンドバッグとして利用したり、インテリアとして飾ったり、コレクションしたりと、さまざまな背景があるようです。

ブックカバーなどにリメイクして使いたい、という方もいらっしゃいます。

このように、ハイブランドのアイテムは、紙袋でも持っているだけでステータスになるのです。

使い勝手がいい

ハイブランドの紙袋の多くは、高品質で耐久性に優れています。

そのため、お弁当や折り畳み傘などをいれるセカンドバッグとして毎日持ち歩く方も少なくありません。

軽くて丈夫、口が大きく開き、不要になれば小さく折り畳める上に、デザイン性も優れているブランド紙袋は、セカンドバッグとして使い勝手がいいといえるでしょう。

ブランド品の付属品として

ブランド品を売却する際に、紙袋などの付属品があれば査定額が高くなることをご存じの方も多いでしょう。

購入時の紙類を捨ててしまった方などが、付属品として袋だけ購入するケースもあります。

また、中古のブランド品をプレゼントとして購入した方が、贈る際に入れる袋として購入するケースも少なくありません。

売れやすいブランド紙袋

買取店によって異なりますが、ハイブランドの紙袋は買い取ってもらいやすい傾向があります。

具体的には、下記のような有名ブランドは高価買取してもらいやすくなっています。

  • ルイ・ヴィトン
  • エルメス
  • シャネル
  • グッチ
  • カルティエ

特にシャネルの紙袋は人気があるようですので、もしお手元にあれば売却を検討してみてください。

ブランド紙袋がよく売れる時期

フリマアプリ「メルカリ」の調査により、ショップ袋カテゴリの売買件数が、12月のみ急激に伸びていることが分かりました。

2018年の調査では、ほかの月では1万件台だった売買件数が、12月だけで約2万件という結果になっています。

クリスマス前の12月17日ころがピークとなっているため、クリスマス前が売りどきといえるでしょう。

ブランド紙袋の買取が難しいケース

ブランドの紙袋は買取可能といっても、すべての紙袋が対象となっているわけではありません。

また、買取店によっては、枚数などの条件を設定していることがあります。

ここでは、ブランド紙袋の買取が難しいケースをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブランド紙袋のみ

ブランド紙袋のみの査定は難しいケースもあります。

特に宅配買取や出張買取では送料や出張料がかかるため、紙袋のみなど買取価格が低い場合は断られてしまうことも珍しくありません。

また、店頭に持ち込んだ場合でも、紙袋1枚のみを買い取ってもらうことは難しいため、複数枚まとめて査定に出すようにしましょう。

人気ブランドではない

一般的に、知名度がある人気ブランドの紙袋であれば価値がつく傾向にあります。

しかし、流通量が多い紙袋は希少性がないため、買い取ってもらうのは難しいでしょう。

ブランド紙袋を買い取ってもらうためには、ブランドの知識が豊富な買取店に依頼したり、複数の買取店に査定を依頼したりすることが重要です。

保存状態がよくない

どれだけ人気で需要があるブランドの紙袋でも、保存状態がよくないものは買い取ってもらうのが難しくなります。

暗くて湿気が多い場所に置いておくとカビの原因になることもあるため、保管場所にも注意が必要です。

汚れやシワがある、破れてしまっている紙袋は、潔く捨ててしまうか、リメイク・ハンドメイドなどに利用するといいでしょう。

ブランド紙袋の買取相場

ブランド紙袋を売却する際は、リサイクルショップや買取店に買い取ってもらうか、フリマアプリなどを利用しましょう。

買取店とフリマアプリでは、それぞれいくらで取引されているのか、

状態などによって買取価格は変動しますが、おおよその相場をご紹介します。

買取店のブランド紙袋買取相場

ルイ・ヴィトン10円~100円
エルメス20円~200円
シャネル10円~150円
グッチ10円~100円
カルティエ0円~100円

こちらは、きれいで状態がいい紙袋1枚あたりの相場です。

上記の買取相場はあくまでも参考程度に留めておき、実際に紙袋を売却する際は、複数の買取店に査定を依頼することをおすすめします。

フリマアプリのブランド紙袋買取相場

ルイ・ヴィトン300円~400円
エルメス300円~800円
シャネル300円~500円
グッチ300円~700円
カルティエ300円~500円

フリマアプリの場合、最低出品金額を300円に設定していることが多いため、最低金額の相場は300円となっています。

フリマアプリに出品する場合も複数枚まとめて出品する方が買い手がつきやすい傾向にありますが、必ず売れるという保証はありません。

また、出品から発送までの手続きを自分で行う必要があるなど、買取店に依頼するよりも手間がかかるというデメリットもあります。

ブランド紙袋を高価買取してもらうコツ

ブランド紙袋は、保存状態などによって買取価格が変わります。

また、買取店によっては指定のブランドを買取強化している場合がありますので、複数のお店に査定してもらうことがおすすめです。

ここでは、少しでも高く買い取ってもらうコツをご紹介します。

保存状態を良くしておく

紙袋を保管する場合は、マチの折り目にそって折りたたみ、持ち手を内側におさめるようにしましょう。

そうすることで、持ち手が引っかかって紙袋が切れてしまうのを防げます。

また、ホコリや湿気を避けて保管することも重要です。

箱やリボンも保管しておく

紙袋だけではなく、空箱も買い取ってもらえる場合があります。

時計などの空箱やリボンなど、ささいな付属品もブランドとして価値があります。ブランド品を査定に出す際に付属品がすべて揃っていた方が査定価格が高くなるためです。

単体で査定に出すより、付属品として査定に出すことをおすすめします。

複数枚をまとめて売却する

買取店に紙袋の査定を依頼する場合、最低枚数などの条件を設定していることも珍しくありません。

フリマアプリでは2〜3枚でも買い手がつく可能性はありますが、出品するまでの手間もかかりますし、必ず売れるという確証はありません。

買取店の場合は10枚や20枚など、ある程度まとまった枚数は必要ですが、売却までの手間を省くことができます。

ブランド問わず、複数枚まとめて売却するようにしましょう。

ほかの商品と併せて買取に出す

紙袋だけ積極的に買い取っている買取店はほとんどないため、ほかの商品と併せて売却することをおすすめします。

紙袋をブランド品の付属品として査定に出すことが望ましいですが、難しい場合にはコートやバッグなど、単品でも買い取ってもらえるアイテムと併せて査定に出しましょう。

しかし、すべての買取店で紙袋を買い取ってもらえるとは限りません。

まずは売却を検討している買取店に、紙袋の買取が可能か問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

溜まりがちなブランドの紙袋は、買取店やフリマアプリで売ることができます。

人気ブランドであれば、紙袋だけ買い取ってもらうことも可能ですが、1枚だけでの売却は難しいことがほとんどです。

ブランド問わず複数枚まとめて売却するか、ブランド品の付属品として売る、ブランド紙袋がよく売れる時期などを参考に、売却を検討してみてください。