喪服着物は買取してもらえる?価格相場と高価買取のコツを解説!

2023/08/03

お通夜やお葬式、法事など、着用する機会が限定されがちな喪服着物。

現在はスーツなどの洋装の喪服が主流なこともあり、喪服着物を買取に出そうと思っている方も多いのではないでしょうか。着る機会がないならば、状態が悪くなる前に、早めに買取に出すのがおすすめです。

今回は喪服着物の買取に関して、種類や相場、高く買い取ってもらうコツについてご紹介します。喪服着物を買取に出そうと思っている、ご自宅に眠っている喪服着物があるという方は、ぜひ最後までご覧ください。

喪服の種類とは?

喪服は、お通夜やお葬式、法事など、喪中に着用する礼服を指します。ただ、喪服と一言でいっても、その種類はさまざまです。

そこで、まずは喪服にはいったいどんな種類があるのかを見ていきましょう。主な喪服の種類は、下記の3つです。

  • 正喪服
  • 準喪服
  • 略喪服

正喪服

正喪服は、最も格式が高い喪服で喪主や遺族が着用します。男性は紋付羽織袴の上に黒の羽二重を羽織るスタイル、女性は黒紋付に黒無地の帯を締め、白い足袋と黒い草履を身につけるのが一般的です。

洋装の場合は、男性は燕尾服やタキシード、女性は黒無地ワンピースやアンサンブルが該当します。

準喪服

準喪服は、正喪服の次に格式が高く、遺族の他に参列者も着用します。男性の場合はスーツ、女性の場合は黒のワンピースやスーツが準喪服に該当します。

一般的に、お通夜やお葬式に参列する際に着用することが多い服装です。

略喪服

略喪服は、急な弔問や三回忌以降の法事で参列者が着用します。ダークスーツや派手ではないワンピースなどの洋装スタイルが多く、正喪服よりは格式が低いと考えられています。

急な弔問で略喪服を着て行く背景には、正喪服で行くと、まるで死を予感して準備していたかのように受け取られてしまうため、あえて略喪服で行くというものがあります。

喪服着物は買取してくれる?

現在は喪中でもスーツを着用する機会が多くなり、喪服着物の出番は減っているのが現状です。そんな喪服着物ですが、買取はしてくれるのでしょうか?

結論から言うと、喪服着物は買取可能です。ただ普通の着物とは状況が異なるため、喪服着物買取の現状や細かいケースについて、下記3つの観点から見ていきましょう。

  • 喪服着物買取の現状
  • 家紋付きでも大丈夫?
  • 名前が刺繍されていても大丈夫?

喪服着物買取の現状

喪服着物の買取は可能ですが、買取額はあまり高くないのが現状です。なぜなら、喪服着物は特定の場面でしか着用しないため、市場のニーズが少ないからです。

特に和装の喪服は着用する人が減っているため、需要は低いと考えられます。ただ、買い取ってもらえる業者がないわけではありません。できるだけ高く買い取ってもらうために、売却を検討する際は複数の業者を比較検討しましょう。

家紋付きでも大丈夫?

家紋付きの喪服着物は買取できないわけではないですが、一般的に買取の際には向いていないとされています。

家紋はいわば親族間のお守りのようなもので、着る人が親族間で限られてしまうため、需要は低いです。そのため、予めシミ抜きや染め直しなどを行っている専門業者に依頼し、紋を外して買取に出す方もいます。

名前が刺繍されていても大丈夫?

名前が刺繍されていても大丈夫です。これは、通常名前が刺繍されているのは外から見えない内側のため、気にしない人もいるからです。

ただ、家紋も名前も入っていない喪服着物よりは、買取価格が下がる可能性はあります。そのため、査定を依頼する際に、名前が入っていることがどう影響するのか、買取業者に聞いてみるといいでしょう。

喪服着物の買取価格相場

喪服着物を買取に出す際には、買取価格が気になる方も多いでしょう。そこで、ここでは喪服着物の買取相場をご紹介します。

買取査定に出した際、適正価格で査定されているかを判断する材料にもなるため、ぜひ参考にしてください。下記2つに分けてご紹介します。

  • 洋装喪服(礼服・スーツ)の買取相場
  • 和装喪服の買取相場

洋装喪服(礼服・スーツ)の買取相場

洋装喪服(礼服・スーツ)の買取相場は、一般的には数千円から10,000円程度となります。高級ブランドのものであれば、30,000円ほどになる可能性もあります。

もちろん、状態が悪ければ買取価格は下がってしまうため、保管状態には注意しましょう。

和装喪服の買取相場

和装喪服の買取相場は洋装喪服より低く、状態の良くても1,000~4,000円ほどになる可能性があります。状態が悪ければ、買取価格が数百円になることも。

そのため、基本的には購入金額より高くなることはないと考えておいた方が無難です。

喪服着物を高く買取してもらう4つのコツ

人の手

中程度の精度で自動的に生成された説明

喪服着物を高く買い取ってもらうためには、いくつかコツがあります。

ここでは、喪服着物を高く買取してもらう下記4つのコツについてご紹介します。

  • 良い状態で査定に出す
  • 小物や証紙と一緒に査定に出す
  • 専門の買取業者へ依頼する
  • 相見積もりを取る

良い状態で査定に出す

喪服着物の状態は、査定価格に大きく影響します。そのため、なるべく良い状態で査定に出すのが重要です。

喪服着物は着用機会が限られるため、状態が悪くなりやすいです。また、喪服着物は黒い色が特徴的ですが、時間が経つと色あせて劣化してしまう場合もあります。

喪服着物を着用した後は、着物用ハンガーに一晩かけて風を通して湿気を取り、その後はたとう紙に包んで保管すると良い状態を保ちやすいです。

なるべく高く買い取ってもらうためには、喪服着物の保存状態に注意し、良い状態で査定に出しましょう。

小物や証紙と一緒に査定に出す

喪服着物だけでなく、関連する小物や証紙も一緒に査定に出すのがおすすめです。

喪服着物単体では買取が難しい場合でも、他の着物や貴金属、小物などと同時に査定に出すことで買取対象に入れてもらえたり、通常の査定額より高くしてもらえたりするケースがあります。

つまり、事業者としては一度に多くの商品を買取りたいと思っているので、それを交渉材料として金額を上げてもらうというわけです。

また、証紙も一緒に査定に出せば、喪服着物の価値を証明することになり、より高い査定額を引き出せるかもしれません。

専門の買取業者へ依頼する

喪服着物の買取には、専門の買取業者への依頼が有効です。実は、これが最も重要なポイントでもあります。

専門の買取業者は、喪服着物の価値を正確に評価可能です。逆に、リサイクルショップや古着屋だと、喪服着物の専門知識を持っている人は少なく、正しい査定価格を出してもらえる可能性は低いといえます。

そのため、専門の買取業者に依頼するのが、高価買取を実現する最善の選択肢です。

相見積もりを取る

複数の業者から相見積もりを取ると、相場が分かり、最も高値で買い取ってもらえる業者へ依頼できます。

通常、業者によって査定基準や価格は異なります。相見積もりを取って他の業者の見積もりを見せれば、査定価格を引き上げられる可能性もあるでしょう。

最近は査定料や出張料、キャンセル料が無料の出張買取専門店が増えてきており、相見積もりを取りやすくなっています。多少手間はかかりますが、、相見積もりを取ることがおすすめです。

まとめ

喪服着物は、その特性上、一般的な着物と比べて買取市場での需要は少ないです。

しかし、買取そのものは不可能ではなく、ポイントを押さえれば高価買取も実現できます。

この記事では、買取価格に関わる喪服着物の種類や買取価格相場、高価買取のコツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

最も重要なポイントは、専門の買取業者へ依頼することです。喪服着物の専門知識を持っている業者へ依頼すれば、適正な査定を行ってくれます。喪服着物の買取を検討している場合は、専門の買取業者へ依頼するようにしましょう。

大阪府の着物買取のおすすめ買取業者ランキング!口コミ評判の良い買取業者をご紹介

高価買取出来る着物の特徴について 着物の買取価格は、主に種類・素材・保 […]

2024/05/14

アンティーク着物ってなに?買取相場と高く売るポイントも!

アンティーク着物とは、明治時代や大正時代、昭和時代の初期といった戦前の […]

2024/04/08

着物買取は悪質業者に注意!詐欺に遭わないためには?

「着物買取で詐欺に遭った」と聞いたことがある方もいるのではないでしょう […]

2024/04/01