着物で使う反物とは?買取相場や保管時の注意点を解説!

2023/08/03

反物とは、簡単に言うと着物になる前の状態を指します。いわば、ただの布地です。そのため、着物は買取してもらえても、反物は買取してもらえないと思っている方も多いです。

しかし、反物は新しい着物を作る材料になるため、状況次第では着物より高く売れるケースも存在します。あなたのご自宅に眠っている反物も、予想以上の値段で買い取ってもらえるかもしれません。

そこで今回は、反物の概要や買取価格相場、高価で買い取ってもらいやすい反物の特徴などについてご紹介します。最後には高価買取につながる反物の保管方法も紹介しているので、反物がご自宅にあるという方はぜひ最後までご覧ください。

着物とは違う?反物とは

反物は着物に仕立てる前の布地の状態を指しますが、どんな特徴があるのでしょうか。そこでまずは、反物について理解を深めておきましょう。

ここでは、反物の特徴や種類についてご紹介します。

反物の特徴

反物は、着物を仕立てる前の生地を巻物の状態にしたものを指し、着物とは異なります。

反物の名前の由来は、大人一人分の着物を仕立てるのに必要な長さを「一反(いったん)」と呼んだことです。着物だけではなく、コートや帯など、どれも仕立て前の状態は反物と呼びます。

反物を着物などに仕立てることで、初めて着用可能な状態になるのです。

反物の種類

反物には多くの種類があり、素材で分けると下記のようになります。

  • 正絹
  • 木綿
  • ポリエステル
  • ウール

正絹や木綿は比較的高価な着物に使われる場合が多く、ポリエステルは洋服の素材、ウールは冬、麻は夏に着る浴衣などに使用されます。

素材次第でも買取価格は異なってくるため、ご自宅にあるのはどの素材の反物なのか、確認しておきましょう。

反物の買取価格相場

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金

反物は、状況次第では着物よりも高値で買取してもらえることがあります。ではいったい、いくらで買い取ってもらえるのでしょうか。

ここでは、反物の買取価格相場をご紹介します。

反物の買取価格は素材や状態次第で大きく変化します。一般的な反物で、状態が良ければ1万円~3万円で買い取ってくれます。素材が正絹であれば多少買取価格が上がり、4万円ほどです。

特に高級品である結城紬や大島紬だと、10万円~20万円の買取価格がつくケースも珍しくありません。

逆に、ポリエステルなど化学繊維の反物だと、状態次第では買取できない場合もあります。反物の素材と状態は買取価格に大きくかかわるため、査定前に確認しておきましょう。

高価で買取されやすい反物の特徴3選

着物よりも高値で買い取ってもらえることがある反物ですが、高値が付く反物にはいったいどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、高価な買取価格がつきやすい反物の下記3つの特徴をご紹介します。

  • 正絹の反物
  • 有名な反物・証紙つきの反物
  • 状態が良い

正絹の反物

正絹の反物は高級品であり、買取価格も高くなりやすいです。

反物の素材には主に、木綿や麻・ポリエステルなどがありますが、絹は素材の中でも価値があり、正絹は最も高級品とされています。特に、状態のいい正絹の反物は需要が高いです。

ただ、素人目には見分けがつきにくいため、手元にあれば証紙で確認しておくのがおすすめです。

有名な反物・証紙つきの反物

有名作家や産地の反物、証紙つきの反物は、査定で高値が付きやすいです。

例えば、木村雨山や喜多川平朗などの人間国宝に指定されている作家の反物や、結城紬や大島紬などの有名産地ものは、その品質と希少性から高価で買取されています。

また、証紙がある反物は、証紙によりその反物の価値が証明され、買取価格が上がるケースがあります。

そのため、有名作家や産地の反物、証紙がある反物は、査定の際に伝えておくのがおすすめです。

状態が良い

単純に状態が良い反物は、高額買取に繋がりやすいです。

反物の査定価格には、本体の状態が大きく影響します。汚れやシミ、虫食いなどが見られる反物は、買取額が下がる傾向にあります。

綺麗に保管していても、長く保管しておけば経年劣化は免れません。売ることを決めた場合には、なるべく早く査定に出すのがおすすめです。

高価買取につながる!反物の保管方法に関する4つの注意点

灰色のプラスチック パックのスタック

高価で買取される反物の特徴の一つとして、状態の良さがあります。ただ、反物は保管する際にいくつか注意点があり、それを知らないと、すぐに傷んで状態が悪くなってしまうのです。

そこで、ここでは反物の保管方法に関する下記4つの注意点をご紹介します。

  • 直射日光は避ける
  • 防虫剤や防湿材を使用する
  • 定期的に空気にさらす
  • 一カ所に詰め込まず、素材別で保管する

直射日光は避ける

反物を補完する際は、直射日光を避けましょう。特に絹の反物は日光に弱く、紫外線や蛍光灯による「ヤケ」を起こす可能性があります。

また、長期間光にさらされると、破れやすくもなるため、注意が必要です。反物を長期間保管する場合は、直射日光や光を避けるため、桐の箱やタンスなどにしまっておきましょう。

防虫剤や防湿材を使用する

反物の保管には、防虫剤や防湿材の使用が好ましいです。なぜなら、反物を虫害や湿気から守るためです。

反物には虫食いのリスクがあり、特に絹は虫に食べられやすい素材です。また、湿気はカビの発生を促進し、反物の色や質感を損なう可能性があります。これらの問題を防ぐためには、防虫剤や防湿材の使用が効果的です。

定期的に空気にさらす

反物は年に2回程度、空気にさらすことが推奨されます。これにより湿気を飛ばし、カビの発生を防げます。

反物を長期間保管する際、湿気がこもるとカビが生えてしまう可能性があります。特に、日光に気を付けなくてはいけないという想いから、暗いところに長期間保管しておくと、湿気がこもりやすいです。

ただ、反物を全て広げる必要はありません。箪笥に保管してある方は引き出しを少し開けて2~3時間そのままにしておくだけで空気が通り、湿気を飛ばせます。

反物を桐箱に入れているときは桐箱を開け、紙に包まれている場合は中身を確認しましょう。

これにより、反物の価値を維持し、高価買取につなげられます。

一カ所に詰め込まず、素材別で保管する

反物を素材別に保管することも重要です。仕立ててある帯や着物と同じ場所で保管する場合には、素材にも気を付けましょう。

タンスの場合は、引き出しの段を分けておくと良いでしょう。着物の虫食いはウールから絹へ虫が移ることで起こりやすいため、引き出しの段を分けておくと虫食いの予防になります。

反物にはその産地や素材、長さを表す証紙が付いているため、証紙を確認して素材を判断するようにしましょう。

まとめ

「反物」とは、着物を仕立てる前の布地のことで、状況次第では仕立て上がった着物よりも高く売れるケースがあります。

反物の素材や状態、ブランド次第で価格は大きく変動しますが、特に正絹や証紙があるもの、状態が良いものは高価買取の対象です。

反物の買取相場は、通常の状態がいいもので、1万円〜3万円前後とされています。ただし、特に高級とされる結城紬や大島紬の反物は、10万円を超えるものもあり、状態が良ければ20万円ほどの買取価格がつく場合もあります。

反物の素材やブランドはもともと決まっていますが、状態はどんな反物でも注意可能です。湿度や温度の管理、定期的に空気にさらすなどの対策により、反物の状態を良好に保ち、買取価格の上昇も期待できます。

反物の価値を適切に判断してもらうには、着物買取の専門業者に依頼するのがおすすめです。専門業者は反物の価値を正しく判断し、適切な価格で買取を行ってくれます。出張買取や宅配買取など、買取方法も豊富なため、反物の買取査定を検討している場合は、専門の買取業者への依頼を検討しましょう。

大阪府の着物買取のおすすめ買取業者ランキング!口コミ評判の良い買取業者をご紹介

高価買取出来る着物の特徴について 着物の買取価格は、主に種類・素材・保 […]

2024/05/14

アンティーク着物ってなに?買取相場と高く売るポイントも!

アンティーク着物とは、明治時代や大正時代、昭和時代の初期といった戦前の […]

2024/04/08

着物買取は悪質業者に注意!詐欺に遭わないためには?

「着物買取で詐欺に遭った」と聞いたことがある方もいるのではないでしょう […]

2024/04/01