訪問着の買取は早めがおすすめ!高く買取ってもらうコツとは?

2023/11/30

訪問着は未婚・既婚どちらでも着ることができて、結婚式からお茶会・子どもの入卒式など幅広く着ることができる着物です。
そのため1着は持っていたほうがいいといわれ、お嫁に行く際に準備したりするので家に訪問着があるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年では着物離れが進んでいることから、保管方法や着方がわからず、着物を着る方が減ってきて売却を考える方が多くなっています。

そこで今回は、訪問着の特徴や着用年齢、訪問着を買い取ってくれるところはどこなのかについて解説いたします。

高価買取してもらうためのコツもご紹介しますので、「どうせ売るなら高く買い取ってほしい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

訪問着とは

訪問着は比較的新しい着物であり、明治時代に誕生したといわれています。

明治時代には、ヨーロッパからさまざまな文化が日本に取り入れられました。

社交の場で着用する「ビジティングドレス」という衣装があり、それに相当するものということで「訪問着」が誕生しました。

留袖の次にフォーマルな着物ですが、合わせる小物によってはお茶会や子どもの入卒式にも着ることができ幅広く活用できます。

洋服でいうとドレスとワンピースの中間の位置となっています。

訪問着の特徴

訪問着の特徴は絵羽模様にあります。

模様が肩や胸のあたりから裾にかけて繋がっており、広げると1枚の絵画のようになるのが特徴です。

前と後ろのつなぎ目のところまで繋がっているため、仕立てるのに高度な技術力がいる着物となっています。

また、模様の範囲が広く、古典的な模様から現代的で華やかな模様まで、多種多様な模様があることも魅力です。

着物には格式があり、着用すべき場所が決まっています。

留袖が第一礼装で、訪問着は第二礼装でセミフォーマルです。

ただ訪問着の背中に一つ紋がつくと格があがり、「式」とつく場所への着用が可能となります。

しかし、紋をつけるとカジュアルな場では着用できなくなってしまうため、最近では紋をつけない方もいます。

訪問着の着用年齢

着物には以下のように着用年齢や格などさまざまなルールがあります。

着物種類着用年齢
留袖既婚者既婚者の第一礼装
色留袖既婚者・未婚者※紋の数によって変わる
訪問着既婚者・未婚者既婚・未婚の第二礼装
振袖未婚者未婚者の第一礼装

色留袖は紋の数によって格が変わることが特徴といえるでしょう。

訪問着は既婚・未婚どちらでも着用することができ、1着あれば様々なシーンで着用することができるなど、大変便利な着物となっています。

色留袖・付け下げとの違い

訪問着は肩や胸から裾まで模様が入っているのが特徴的な、とても華やかな着物です。

色留袖の模様は裾のみで、帯から上は無地となっていますが、帯から下に模様が入っており、模様には縁起が良い古典的な模様が使われています。

色留袖は訪問着より格が高いとされていますが、訪問着に紋が入るとまた格式が変わってきて色留袖と同等の格式になります。

付け下げは、胸、肩、裾に模様が入ってますが、訪問着と比べると全体的に控えめな模様になっており、格も訪問着より下であるため、よりカジュアルな場でも着用することができます。

訪問着を売却する方法

着なくなった訪問着を売却するとなると、どこで買い取ってもらうかが問題です。

ここではよく耳にする売却方法を3つご紹介します。

  • リサイクルショップ
  • ネットオークション
  • 買取販売

場所によって買取金額に差が出る場合があるため、高く見積を出してくれたところに買い取ってもらうといいでしょう。

リサイクルショップ

着物はリサイクルショップでも買取可能です。

リサイクルショップに売るメリットは手軽さにあります。

思いたったら近所のリサイクルショップに気軽に持っていけるため、簡単に売却することができます。

また、すぐに現金化できるのも魅力の一つです。

しかし、リサイクルショップでは、必ずしも着物についての専門知識を持った方が査定を行ってくれるとは限らないため、価値のある訪問着の買取を依頼しても、本来の買取相場よりも大幅に安くなることがあります。

ネットオークション

メルカリやヤフーなどネットオークションを利用して自分で売る方法は、自分で写真や説明などを記載する必要があるため、手間がかかります。

寸法や産地などの情報も正確でないとクレームになる場合もあるため、あまり知識がない方にはおすすめできません。

ただし、価値のある着物なら高額で買い取ってもらえるというケースもあります。

着物の知識があって使い方にも慣れている方であれば挑戦してみてもいいでしょう。

買取業者

買取業者の買取方法は主に以下の3つです。

  • 店舗に持っていく
  • 家に来てもらう
  • 宅配便で送る

着物は1枚あたり1kgほどあります。

たくさんあると意外と重く、一度にたくさん持っていくのは一苦労です。

そのため、一度にたくさんの着物を査定してもらいたい場合は、訪問査定を利用するのがおすすめです。

家に来てもらうのは遠慮したいという方は、宅配査定を行っている業者に頼むといいでしょう。

やり方としては先に宅配査定を申し込んで、宅配キットを送ってもらいます。

そこに査定したい着物を入れて送りかえすだけで査定してもらうことができます。

査定にかかる送料などが無料の専門業者を利用すると、コストを抑えることができるため、少しでも買取価格を上げたい方はそういった業者を利用すると良いでしょう。

訪問着の買取相場

訪問着を買い取りに出す前に知っておきたいのが買取相場です。

訪問着は着物の中でもニーズが高く、買取相場は高めとなっています。

買取相場は数千円〜3万円ほどですが、人間国宝などの作家物などは何十万円になることもあるようです。

ただ、実際の買取価格は汚れなど着物の状態にも左右されます。

作家物でもシミや汚れなどで状態が悪かったりすると数百円だったり、逆にノーブランドでも状態が良ければ、それなりの金額になることもあります。

他の着物の買取相場との比較

着物の相場は主に下記のとおりです。

訪問着数千円~3万円
留袖数千円~2万円
色無地500円~5000円
付け下げ~1万円
振袖数千円~4万円
小紋~5000円

こちらは着物の状態がいい場合の相場となっています。

訪問着は需要があるため、他の着物に比べると買取相場は高めです。

高く買取ってもらえる訪問着の特徴

さまざまなシーンで着用することができ、着用年齢も幅広い訪問着は安定した需要があります。

そんな訪問着をより高く買い取ってもらうにはどうしたらいいのか、3つの方法をご紹介します。

  • 有名作家・伝統工芸品の訪問着である
  • 正絹の訪問着である
  • 保存状態が良い訪問着である

有名作家・伝統工芸品の訪問着

有名作家物や伝統工芸品の訪問着は高価買取してもらえる可能性があります。

有名作家とは人間国宝の久保田一竹や羽田登喜男などのことです。

落款という着物自体に刺繍などで作家の印鑑が施されたものは、価値を示すのに十分な証拠になります。

伝統工芸品とは京友禅や加賀友禅などの工房で作られた訪問着のことです。

こちらも需要が高く人気があるため、高価買取が見込めます。

正絹の訪問着

正絹とは100%絹の生地のことです。

正絹でも織り方によって名前が違いますが、よく耳にするのは以下の4つです。

  • 縮緬(ちりめん)
  • 綸子(りんず)
  • 絽(ろ)
  • 紗(しゃ)

絽や紗は、夏に着用する透け感のある着物であり、売却したい場合は夏前にするのがおすすめです。

最近では洗濯機で洗える着物もあります。

しかし、ポリエステルやレーヨンなど化学繊維でできた訪問着は残念ながら査定額が低くなってしまいます。

ただし、人気ブランド(ツモリチサトや撫松庵など)の着物であれば、高く買い取ってもらえることもあるでしょう。

保存状態が良い

訪問着に限りませんが、着物の保存状態は査定に影響します。

着物はタンスの中にしまってあるだけで経年劣化し、カビが生えたり虫食いになったりします。

着用して風を通すことがベストですが、長期着用しないのであれば、年2回乾燥してる時期に虫干しすることで良い状態を保つことができるでしょう。

訪問着を高価買取してもらうコツ

訪問着を高価買取してもらうためのコツは以下のとおりです。

売ると決めたら早めがおすすめ

なるべく状態が良いまま売却する方が高く査定してもらえる可能性が高いため、売ると決めたのであれば、早急に行動に移すのがおすすめです。

着物は長く保存していると経年劣化により状態が悪くなってしまいます。

着物が作家物や伝統工芸品でもない場合は、着物の価値は年数が立てば立つほど下がってきてしまいます。

訪問着の丈が長くてサイズが大きいもの

最近では、背が高く手足が長い女性が増えていることや、海外の方向けにレンタルするお店なども多くなってきていることから、訪問着は大きい方が需要があります。

また小さい訪問着を大きく直すには限界がありますが、訪問着のサイズが大きければ、お直しで小さくすることが可能です。

目安としては身長160㎝前後の女性が着られる着物であれば高価買取が見込めます。

有名作家や伝統工芸品のもので証紙や落款があるもの

証紙とは着物を作った人や工房の証明書のようなものです。

人間国宝である有名作家が手がけたものや、伝統工芸品など工房で作られたものには証紙がついてきます。

それらを捨てずに保管しておけば、使われている素材や産地を特定することができ、価値のある着物と証明されるため、高価買取に繋がります。

着物の知識がなくても証紙は捨てずに取っておき、買取査定の際に証紙を着物と一緒に提出しましょう。

買取業者に頼むなら2社以上に査定を頼む

買取業者に査定を依頼する際は、2社以上に頼むことをおすすめします。

1社では提示された金額が納得いかないこともあるかもしれません。

買取業者によっては着物に強いところとそうでないところがあるため、どうしても査定額に差が生じます。

送料や査定料が無料の買取業者もあるため、気軽に見積査定を依頼するといいでしょう。

まとめ

今回は訪問着の買取について解説いたしました。

経年劣化によって着物の価値が下がるのを防ぐためには、売却を決めた後、すぐに行動に移すことをおすすめします。

また、証紙の有無は査定に大きく影響するため、査定に出す時は必ず一緒に提出するようにしましょう。